ビルシュタインの車高調へ交換

アバルト500にビルシュタインの車高調(中古)を取り付けします。

ご友人から譲って頂いたそうです。

 

でもシルバーのビルシュタインの中古は気をつけないと異音や乗り心地の影響など色々ありますね。

早速取り付けします。

 

気になって最初にショックを押して確認しましたがフロントは左右で硬さがすでに違う感じがありますね。

足回り 車高調交換 アバルト500

元の車高が前後で40mmほど違いがあるお車です。

お客様も前後バランスが気になるそうで前後丁度いい感じに仕上げてとの事ですので調整します。

 

でも説明書を見るとフロントの調整幅は20mm・・・。

やはり少ないですね。

 

リアは全下げ状態で組み上げ、フロントは推奨値の全上げ状態で組み付けしました。

 

前後バランスが悪かった状態が前後10mmほどの寸法になりました。

かなり良い感じに仕上がりましたね。

アバルト500 1G締め付け 締め直し作業

車高が決まった所で各部締め付けはいつものように1G状態で行いますよ。

大事な作業ですからしっかりとね。

各部組み上がった状態で試乗しましたがショックの力が弱いのか、かなり突き上げ感を感じます。

異音はさほど気にならないのですがちょっと気になる突き上げですね。

前後バランスは更に小さくなり良い感じに仕上がったのですがね。

アバルト 四輪アライメント作業

試乗後は四輪アライメントです。

リアは非調整ですが左右差も少ない良い状態でした。

 

フロントは車高がダウンによりトーアウトになってますので適正値に修正を行いました。

キャンバーの左右差はストラット部で微調整を行いました。

 

これで数値は綺麗になりました。

無事完成しましたがお客様に返却した後走られたそうですがやはり突き上げ感があり駄目そうです。

現状の足をオーバーホールに出されるか新品の足回りを購入するか検討されるそうです。

 

でも土曜日しかご来店出来ないので前もってご予約だけさせて頂きました。

ちょっと先になってしまいますが次回ご来店お待ちしております。

 

参考取り付け工賃:車高調取り付け 27,000円(税別) 四輪アライメント 15,000円(税別)