ビルシュタインショックにRS-Rダウンサスの取り付け

ビルシュタイン RS-Rダウンサス

ランエボ8にビルシュタインのショック+RS-Rダウンサスの足回り交換作業です。

今はエナペタルショックにRS-Rダウンサスの仕様です。

スプリングは一緒のRS-Rですね。

リアから異音が出ているそうで交換します。

足回り交換作業

足回り交換 フロント

足回り交換 リア

かなり程度の良さそうな足回りですね。
とっても綺麗です。

でも走行距離が少ないそうですが中古は分かりませんから注意が必要ですね。

ランエボ8MR 1G締め付け 締め直し作業

ランエボ 1G締め付け作業

ランエボはスポーツカーなのでダイレクトに動くようにピロボールが多数使用されています。
1G締め付け、締め直し作業も楽ですね。

ターンテーブルを引いて足回りがちゃんと動くようにして1G状態で行います。
地面に設置した状態ではタイヤが抵抗になり足回りがちゃんとした状態になりませんからね!

キッチリ1G締め直し作業を行いましたよ。

車高の高さ フロント

車高の高さ リア

同じRS-Rのスプリングですので車高の変化はほとんど無いですね。
リアは同じ車高でした。

フロントは5mmだけ車高が下がりましたよ。
リアの異音は消えましたがフロントがちょっと音が出ているような・・・

四輪アライメント前に再度締め付け点検作業しましたが問題ありません。
スタビリンクも気になってみましたがガタは無さそうです。

取り付けには問題無いので四輪アライメントを行います。

ランエボ8MR 四輪アライメント作業

ランエボ 四輪アライメント作業

ランエボはフロントストラットボルトが1度と2度と切り替えて取り付けるタイプです。
お客様は普通にローダウン仕様で良いとおっしゃってましたがタイヤの減り方が通常の街乗りとは違いますね。

サーキット走行もされるそうですよ。
元から2度の位置で取り付けされていましたので走り優先で2度の位置でセットしています。

リアは現状左右バラバラな状態でした。
トーはトーイン、トーアウトで走りにくかったと思います。

フロントはかなりトーアウトになっていましたし、キャンバーの左右差は1度以上もありました。

フロントキャンバーはストラット部で微調整を行い2度にセットしました。
リアのキャンバーフロントキャンバーに合わせて走りやすいようにネガにセッティングしました。

前後トーもグリップしやすいように反応しやすいように修正を行いました。
これで数値は綺麗になりました。

完成

調整後、試乗しましたが気持ち流れる感じがありますが今までのタイヤも問題もあると思います。
ハンドルを持って運転すれば気にならないレベルです。

フロントの音がちょっと気になるのでお客様には気をつけてもらうようにお願いしました。
今回はありがとうございました。
又、お願いします。

 

参考取り付け工賃:足回り交換 16,000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別)