ブリッツZZ-R改 ウエシマクリニックの車高調へ交換

ベースはブリッツZZ-R車高調でスプリングのみMAQSのバネに変えてある商品です。

ウエシマクリニックになります。

取付に際しての注意事項が多々あり読ませて頂きました。

 

???って思う箇所もありますがまずはウエシマクリニック仕様で取付、組付けを行います。

サスペンション 車高調 交換

フロント車高調の交換は普通にサクッと出来ました。

今はK&W車高調なので更に簡単ですね。

でも問題はリアでした。

スプリングがMAQSの短いスプリングに変更されています。

 

ウエシマクリニックの仕様ですが指が入らない位の車高になるみたい。

車高をその状態に合わせてショックをプリロード0にして調整をと指示が。

ですがショック自体はブリッツそのままの状態ですので1番短く調整してもスプリングが遊んじゃいますね・・・。

リアの形状からスプリングが遊んだ状態ですと脱落の恐れがあるので出来ません。

スプリング部のアジャスターで多少ガタが出来る位まで車高を上げて調整し直しました。

 

リアが被る位でフロントは指1本から1本半がメーカー指定です。

最初指定通りに調整してみましたがリアは若干車高が高く指1本な車高でした。

 

フロントは指1本半位で最初調整しましたが、確認してもらうとやっぱり高いので低くしたいとの事で結局指1本ほどで調整しました。

メーカー指定通りだとやっぱり前後バランスが悪く見えてしまいますからね。

 

ゴルフ5 1G締め直し作業

色々車高を調整し決まった所で各部締め付けはいつものように1G締め直し作業を行いました。

スプリングが短いのにショックは通常の長さのままですのでストローク不足が出そうな感じがありますね。

ブリッツさんから短いショックカートリッジが出るのであれば交換すればリアの車高も落とせますしストローク確保も出来ますよね。

今までのK&Wの車高調より車高は上がってしまいましたが結構低めなので良いと思いますよ。

ブリッツのフロント車高調はピロアッパー調整式ですが、メーカー指示で目一杯寝かせた状態です。

左右差が合ってもそのまま無視してトーのみ追い込んで調整をと・・・ 追い込んでってどういう意味なんでしょう?

 

キャンバーが目一杯付けてあるのでかなりトーイン状態ですので試乗もすごくしにくいですね。

 

ゴルフ5 四輪アライメント

最後に四輪アライメントです。

フロントは無理やりネガキャンバーになってますのでかなりトーインですので四輪アライメントは必須ですね。

リアのキャンバーの調整指示は無いので今回は普通に調整しましたよ。

リアトーは基準値一杯トーインとの指示ですがちょっと走りにくくなりそうですので適度にトーインに修正しました。

フロントキャンバーは左右違っても無視とあったのですがさすがに四輪アライメント業者としては無視出来ません。

メンバーをズラして修正しておきましたよ。

フロントトーもキッチリ走りやすいよう修正して完成です。

 

ゴルフ5はフロントにロールセンターアダプターが装着されています。

ロアアームのバンザイ状態は補正されますが外にズレますので左側のドライブシャフトブーツからかなりのグリスが出ちゃってます。

サスペンション交換時にもシャフトが抜けそうな感じがあったので気をつけてもらうようにお願いしました。

今回フロントキャンバーが3度以上付いてますので更に気にしてもらうようにお話しました。

ウエムラクリニックのZZ-R車高調はゴルフ6と共用みたいですので、その辺で多少違いがあるのかも知れませんね。

走りに振ったセッティングの仕様と思いますので良いと思いますよ。

 

K&Wと比べてどうでしょうね。

今回はありがとうございました。

又、お願いします。

 

参考取り付け工賃:車高調交換 27,000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別)