レガシィの足回りをすべて新品に交換してリフレッシュ

毎度ご利用頂きありがとうございます。

走行距離が現在99700km。

時期10万kmですので足回りのリフレッシュ作業を行います。

 

交換する部品はすべて純正部品になります。

キッチリ組み付けれるようにご用意されていました。

ここまで完璧なのはなかなかすごいですね。

 

足回りのリフレッシュはショックアブソーバーのみ交換される方が多いですがベアリング、ゴムブッシュなども劣化があるので同時交換した方が良いですね。

予算にもよりますがスプリングもヘタる部品ですので同時に交換するとベストですよ。

 

早速交換します

サスペンション 純正足回り交換

ショックアブソーバー、スプリング、ダストブーツ、バンプラバー、アッパーシート、アッパーマウント すべてあるのでキッチリ組み上げれます。

ボルト・ナットもすべて新品をご用意されてますのでこちらも交換して取り付けしています。

 

外したショックは気になり一度バラしてみましたがオイル漏れはありませんがショックがかなり柔らかくなっておりました。

10万kmよく頑張ってくれましたね。

 

リアのサスペンションもサクッと交換しました。

リアはアームブッシュが一杯あるので足回り交換時にすべて開放してフリー状態にして交換してますよ。

その後の1G締めの為でもありますね。

 

レガシィ 1G締め 1G締め直し作業

足回りをゴッソリ新品に交換した後は、最初に緩めてあるアームブッシュの締め付け作業です。

レガシィアウトバックも1G状態を作ってしっかり1G締め直ししますよ。

 

レガシィアウトバックはクリアランスが結構あるのでやりやすい車種ですね。

でもスバル車は結構なトルクで締まっているのでちょっと大変ですがね。

 

でも大事な作業ですので手を抜かずしっかり1G締め直し作業を行いましたよ。

これでブッシュのストレスフリーになりました。

 

レガシィアウトバックの四輪アライメント

 

組み付け後、試乗しましたが足回りを1度外してますので数値がかなり狂っている感じがあり、走りにくい状態でした。

早速四輪アライメントを行います。

 

フロントキャンバーはかなりポジった状態になっていました。

トーもかなりトーイン状態ですので更に走りにくいです。

 

リアトーはトーイン、トーアウトとバラバラな状態。

 

キッチリ基準値に修正していきます。

スバル車は1G締めが想定されてないのか、リアのキャンバーは結構寝てますね。

マツダのロードスターはノーマルでも1G締め直しすると結構変化が出ますので、ひょっとしたらスバルもかも?

 

前回も四輪アライメントは行ってますがリアキャンバーの左右差は同じように10分程度出ていました。

こちらは調整出来ませんので、フロントキャンバー、前後トーをキッチリ修正して調整しました。

調整後の試乗は調整前とは全然違う車に仕上がりましたね。

めっちゃピシッとした感じが出ていました。

スプリングの感じも良いですし、ショックアブソーバーがしっかり抑えてくれる感じがして収まりが良いですね。

 

これでリフレッシュ完成ですね。

 

レガシィの定番ロアアームブッシュは前回交換してありますのでドッシリ感もバッチリです。

お客様も

 

「ロアアームブッシュを交換した後はめっちゃ体感出来てすごい良くなったよ!」

 

とおっしゃっておられました。

フロントタイヤを受け止めるとても大事なブッシュになりますので効果は絶大ですからね。

 

高速走行時に最近収まりが悪くなりフワフワした感じが出てきてたそうですが、足回りをリフレッシュしたのでビシっと走りやすくなっていると思いますよ。

 

今回はありがとうございました。

又、お願いします。

 

参考工賃:足回り交換 16,000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別) 純正処分 1,000円