スポンサーリンク
クラウンハイブリッド AZSH20 エスペリア 対策品 スプリングに交換 四輪アライメント調整

ご利用ありがとうございます。

20系 クラウンハイブリッドのダウンサス交換のご依頼です。

エスペリア ダウンサス 対策品

いつもご利用ありがとうございます。

前回エスペリアさんのダウンサスをクラウンハイブリッドに取り付けさせて頂きました。

 

フロントはいい感じでしたがリアがガッツリ被ってしまう位車高が落ちてしまいました。

お客様がメーカー様と連絡を取り代品を出荷してくれました。

 

クラウンハイブリッド専用で制作されたそうですがどうなんでしょうね。

では、早速交換

 

サスペンション ダウンサス交換

 

代品は一台分ありますが結局リアが上がらない事には改善がありません。

なのでリアからスタート。

既製品のリアと代替え品です。

全長は20mmほど長くなっております。

今までのバネは更に落ちてしまったみたいでツッカエゴムが挟まれておりました。

 

代替品と交換を行いました。

 

この状態で車高を確認。

 

車高の高さ

以前のダウンサス

交換後の代替え品

まったく同じ車高でした・・・

以前のバネは落ちないようにゴムがストッパーになり高さを維持しているだけです。

メーカーさんは指1本以上空く設計でだされたそうですがタイヤに被り指なんてはいりません。

 

お客様に現状の状態を再度確認して頂きメーカー様へ報告。

代品のフロントは少し落ちるみたいですがどうみでもバランスを出すには30mmほど落ちないと前後差がありすぎます。

 

代品で10mmほどしか落ちないみたいなので断念。

 

お客様もエスペリアさんのダウンサスでは無理なので純正スプリングに戻すそうです。

 

今日はなんだか嫌や予感しか無かったので時間に余裕を持たせておりました。

感が当たって良かったです。

 

純正戻し

リアの純正スプリングはハイブリッド車ですのでめちゃめちゃ長いです。

ロアアームを下げてスプリングを入れるのですがメンバーに当って途中までしか降りません。

そこにスプリングを入れるのですが長すぎてそのままでは入りません。

 

うちのリフトは結構使っているのであまり上がらなくなっいるのもありますが。

試行錯誤しながら何とか無事リア足回りの復帰が出来ました。

 

かなり無理をしての作業なのでジャッキがお亡くなりになりました・・・悲

続いてフロントです。

フロントの交換自体は簡単ですが純正ショックは最近のトヨタ車と同じでロッドが縮むタイプです。

しかも純正スプリングはかなり長いのでめちゃめちゃ縮めないとアッパーが組めません。

 

でもリフトアップコイルを組んでいる事に比べれば簡単にあまり力を掛けなくても縮めれます。

 

これで前後純正サスペンションに戻りました。

 

1G締め直し

かなり時間が掛かりましたが無事純正復帰となりました。

続いて1G締め直しです。

 

1G状態を作りしっかり1G締め直しを行いました。

この工程がダウン量を多くする原因かも知れません。

 

メーカーさんも想定外なのかも。

でもこの状態で締め付けする事が基本ですので。

 

車高の高さ

フロント15mmアップ

リア35mmアップ。

これでやっと普通の高さに戻りました。

 

ですがクラウンハイブリッドはやはりフロント上がりに見えます。

フロントのみハーフダウンサスなので対応した方が良いかも知れませんね。

 

四輪アライメント調整

最後にアライメント調整です。

リアのみちょっとネガキャンバーが付いておりますね。

純正サスペンションなのですが。

 

今回は狂った前後のトーを修正させて頂きました。

 

今回のダウンサスは残念でしたね。

次回ハーフダウンなど フロントを下げる事を検討されるそうです。

 

今回はご来店ありがとうございました。

また、宜しくお願いします。