スポンサーリンク
ND5RC ロードスター HKSの車高調に交換と四輪アライメント調整

ご利用ありがとうございます。

ロードスターでご来店頂きHKSの車高調に交換のご依頼です。

HKS HYPER MAX S 車高調

いつもご利用ありがとうございます。

ロードスターでご来店頂きました。

以前もご利用頂いておりますがロードスターの乗り換えだそうです。

 

今回はレース車両にも使われる車体で装備は少ないですがシャーシは2.0L用と同じ剛性が高いタイプとなっているそうです。

持ち込みされたHKSの車高調 HYPER MAX Sになります。

 

推奨値は38mmほどのローダウンとなっております。

お客様の希望は35mmのローダウンです。

推奨より気持ち上げてのセットとなりそうです。

 

では、早速交換

 

サスペンション 車高調取り付け

まずは前後サクッと交換させて頂きました。

リアは延長減衰ダイヤルが付属しておりましたので同時にセットしております。

HKSさんは長い延長ですがロードスターは無理をしないので意外と回せます。

他車種はとてもじゃないけど回らない車種も多々ありますので。

 

推奨値で一度車高を確認しましたが思った以上に車高が落ちてしまいました。

お客様希望の35mmローダウンにする為 5mm~10mmほど車高を上げて再セットしました。

フロントスタビリンクはショートタイプに交換しました。

かなり短いリンクですので取り付け方を知らないと結構大変かも

 

車高の高さ

フロント35mm

リア35mmローダウン

お客様のご希望車高になりました。

 

1G締め直し

車高が無事決まった後は1G締め直しです。

フロントもリアもアーム数が多くお車になります。

それだけ1G締めは大事は車種になります。

1G状態を作り前後しっかり1G締め直しを行いました。

 

これでアームブッシュはストレスフリーとなりアーム本来の動きが出ます。

 

四輪アライメント調整

最後にアライメント調整です。

前後のキャンバー角のみ指定されました。

今後付けるタイヤ・ホイールのサイズを考慮してとの事です。

 

後はプロスパーオリジナルでセットさせて頂きます。

前後のキャンバーはお客様指定の数値に合わせてセット。

 

キャスター角は直進安定性重視で。

前後のトー角はしっかりグリップしてステアリング操作も軽やかになるように修正。

 

これでいい感じになりました。

 

調整後の試乗

最後に試乗です。

前後の減衰は中間にセットしております。

 

HKSのHYPER MAX Sですので単筒式となります。

動きも良く乗り味もいい感じです。

 

今後馴染んでくると更に良い動きをするのでしょうね。

今回はご来店ありがとうございました。

また、宜しくお願いします。

 

参考工賃 車高調交換 22000円(税込み) 四輪アライメント調整 11000円(税込み) スタビリンク 別途