スポンサーリンク
CPV35 スカイラインクーペ 1G締め直しと四輪アライメント

スカイラインの1G締め 1G締め直し

車が左に流れる症状があり他のお店でフロントロアアームのブッシュ切れを指摘されたそうです。

そのお店で新品に交換したそうですが改善が無かったそうです。

 

交換したお店ではフロントでは無くリアの問題だからと言われてしまったそうです・・・。

 

まずは現状の数値の確認を行いました。

リアの数値は少し左右差がありますが結構綺麗ですね。

リアの問題では無さそうですよ!!!

 

ロアアーム交換に当然1G締め付けをしてあるとお店に言われているそうです。

気になり測定後、フロントのロアアームのみ1G開放してみましたがいつもよりは変化が少なく感じますがそれでも2mm以上は変化がありました!

 

フロントのロアアームはきちんとした1G締めでな無かったみたいですので他のアームブッシュの1G締めを行います。

 

車の購入時から付いているサスペンションはKg/mmの車高調が入っておりました。

もう何年も前に無くなってしまったような・・・。

その車高調もかなり前の物と思われます。

左前は完全にオイル漏れをしてしまい車高調の性能は無いと思われます。

 

お客様と相談をしましたが今はまだ予算的に交換出来ないので今回は出来るだけお願いとの事です。

アームブッシュを完全開放してあげて1G状態を作りしっかり1G締め直し作業を行いました。

 

長年この状態で乗られているので車高の変化はほぼありませんね。

キャンバーとキャスターの数値の変化はありましたので多少のブッシュ開放は出来ていると思われます。

左に流れる症状があるのでサブフレームも一応外してみました。

 

1G締め直しした後、揺すってみましたがリアはちゃんと動く感じがありますがフロントは全く動きません。サスペンションが動かないんでしょうね。

 

スカイライン 四輪アライメント

最後に四輪アライメントです。

1G締めにより寝てしまったリアキャンバーは出来るだけ起こして修正して左右差を無くして調整。

 

リアトーは普通に修正しましたよ。

ハンドルを切って曲がる時にタイヤが少し入りやすくしてほしいとの事ですので現状のトー角を参考にして少し開き気味で調整しました。

 

フロントキャンバー、キャスターは非調整ですが元々あった左右差はかなり少なくはなりました。

調整後、試乗しましたがハンドルを持って運転すれば真っ直ぐ走れますが離すとやはり左に若干動いていきますね。

フロントはあまりストロークしている感じが無いのでやはり車高調の交換を検討された方が良いかも知れませんね。

 

お客様の希望の感じでHKS車高調をお勧めしておきました。

次回車高調交換でお待ちしております。

 

今回はありがとうございました。

又、お願いします。

 

参考取り付け工賃:1G締め 6,000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別)