走行距離13万㎞ほどのアリストです。

劣化の定番のロアアームNo.2とボールジョイントを交換します。

ロアアームNo.2 ボールジョイント交換

走行距離が10万㎞ほどですと劣化が来るロアアームNo.2です。

フロントタイヤを抑えてくれる大事な場所ですので劣化も激しいですね。

 

同時にナックル下のボールジョイントも交換します。

このボールジョイントもガタが出やすい箇所なのですね。

 

事前に内金を頂き純正部品は取り寄せしてありますので早速交換します。

最初にボールジョイントは点検しましたが、まだ大きなガタはありませんでしたね。

でも劣化する場所ですので交換すると良いですね。

 

ロアアームNo.2も交換して写真を撮りましたがカメラ不調ですので写真が無い・・・

 

アリスト 四輪アライメント調整

こちらも写真は撮ってありますがSDカードの画像は見れず。。。

すいません。

 

お客様はピットの外からご覧になっておられましたのでちゃんと作業をしているのは知っていると思います。

足回りは純正のままです。

 

ヘタリの影響と思いますが前後ともトー角の狂いがありましたね。

 

高速走行が多いそうですのでクルマの直進安定を考えて調整を行います。

走りやすいように前後のキャンバーはセットさせて頂きました。

 

狂っている前後トーもキッチリと修正して完成です。

 

ロアアームNo.2がしっかりしているので安定感はかなり向上していると思います。

走行距離10万㎞オーバーですのでショックの減衰力がかなり落ちてきてますね。

 

コーナーでのロールがかなり大きく感じフワフワした乗り心地です。

以前よりはかなり走りやすくなっていると思いますが気になるよなら足回りのリフレッシュも検討された方が良いかも知れませんね。

 

今回はありがとうございました。

又、お願いします。

 

参考取り付け工賃:ロアアームNo.2、ボールジョイント交換 9,000円(税別) 四輪アライメント調整 10,000円(税別) 純正部品代 別途