持ち込み頂いたRS-R Ti2000のハーフダウンサスに交換しますね。

Ti2000 ハーフダウンサス 取り付け

持ち込み頂いたRS-R Ti2000ハーフダウンサスです。

ノーマル車高だとちょっと高いけどダウンサスでガッツリ落としたくは無いな~

 

って方にはちょっとダウンのハーフダウンですね。

Ti2000ですので引っ張り強度もあり乗り心地も良いと思いますよ。

 

早速交換しますね。

サスペンション ダウンサスへ交換

もうダウンサスの交換ですのでサクサクっとアッという間に終わっちゃいます。

CX-8はボディーサイズがかなり大きいお車ですので通常のマツダ車と形状は同じですが使っているボルト・ナットが大きくなっております。

 

その分部品もちょっと重いですね。

大きなボディーなCX-8ですからね。

 

ダウンサス交換時にアームブッシュはすべて開放してあります。

乗り心地や車高の落ち方などに影響しますのでしっかりと次の1G締め直しです。

 

CX-8 1G締め 1G締め直し

RS-R Ti2000のハーフダウンに交換した後は交換時に開放してあるアームブッシュの締め付け作業です。

フロントはアンダーカバーを外しての作業ですがタイヤが付いていても作業を行えます。

 

リアのみリジットラックで1G状態を作りしっかり締め付けしていきます。

 

マツダ車はみんな同じですがリアアーパーアームが大変なんですよねぇ~

 

アッパーアームはサブレームとボディーの間にあります。

このボルトを緩めるのですがクリアランスがめちゃ狭いんですよね。

 

普通の工具は分厚すぎて全然入りませんから!! (苦笑)

 

でもキチンと作業を行えるように工具は用意してありますので無問題。

しっかり時間を掛けて作業をさせて頂きました。

 

この1G締め直しを行う事で乗り心地に変化が出ますからね。

リアはアッパーアームが一番影響するのではないでしょうか!?

 

車高の高さ

いい感じに車高が落ちてくれましたね。

ダウン量はフロント30mm、リア35mmでした。

 

ノーマル車高ではちょっと高いので程よい落ち具合と思います。

ベタベタだとせっかくの高級SUVが乗りにくくなっちゃいますものね。

 

ストロークも問題無さそうでかなり良い乗り心地でしたよ。

 

CX-8 四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整を行いますね。

フロントは30mmのダウン量でしたが1G締め直し効果もあり10mmを超えるトーアウトな状態。

 

この状態ではタイヤが持ちませんね。

フロントキャンバーは左側がちょっとネガがキツイですね。

右は左に合わせて調整を行いました。

 

偏摩耗するほどでは無いので問題無いと思います。

 

前後のトーもキッチリローダウン仕様に修正して完成です。

抵抗も少なく燃費向上も期待できちゃうかも??

 

いい感じに仕上がりましたね。

お客様も大満足されておりました。

 

この程よいローダウンが良いのですよね。

今回はありがとうございました。

又、お願いします。

 

そして~

大好物のアサヒスーパードライ 頂いちゃいました!

 

「これどうぞ!!ブログで見てるから!!!」

って大好物のスーパードライの差し入れを頂いちゃいました!!!

 

そうなんです。

大好物なんです(笑)

 

「ブログに載せても良いよ!!」ってありがたいお言葉。

早速載せさせて頂きます(^o^)

 

今日もかなり暑く汗ダラダラなのでギンギンに冷やして水分補給させて頂きます!!

でも今晩まで我慢我慢。

 

本当にありがとうございます。

ご馳走様です \(^o^)/

 

参考取り付け工賃:ダウンサス交換工賃 16,000円(税別) 四輪アライメント調整 10,000円(税別)