持ち込み頂いたビルシュタインのB12 サスキットの取り付けご依頼です。

BILSTEIN B12 サスキット交換作業

持ち込み頂いたBILSTEIN B12のサスキットになります。

Cリングタイプになりますので車高の調整は出来ますが取り付け後はネジ式みたいには調整が出来ません。

 

もう一度外さないといけないので一発勝負になりますね。

ロードスター用はAT用、MT用で推奨値がありますので今回はMT車ですのでMT車推奨値で取り付けします。

 

メーカー推奨値データーですとフロント20mm、リア25mmダウンとなっております。

どうでしょうね?

 

サスペンション サスキットの取り付け

ロードスターの交換作業はサクッと行えます。

この後大事な1G締め作業がありますのでアームブッシュはすべて開放してあります。

 

リアには専用のバンプラバーが付いてますので同時に交換しました。

フロントはそのまま使用するので再使用。

 

まだ新しいロードスターですので流用する純正部品も綺麗ですので問題無いですね。

 

ロードスター 1G締め 1G締め直し

サスキット交換時に開放してあるアームブッシュの締め付けです。

1G状態を作りしっかり1G締め直ししますね。

 

ミッション車推奨位置でセットしてますが気になり確認してみるとバンプまでのストロークはかなり少ないですね。

BILSTEINはバンプタッチさせるようになってる事がよくあります。

専用バンプ付けるならもうちょっとクリアランスを考えた方が良いかも知れませんね。

 

でも専用品なので今回はこのままで。

 

キッチリ1G締め直しをしましたのでアームブッシュのストレスフリーとなりました。

 

車高の高さ

車高は推奨値より落ちましたね(笑)

フロント30mm、リア35mmのダウン量でした。

 

メーカーデータより10mmもダウン量が多いですね。

1G締めは想定外???

 

30mm前後のダウン量ですので車高はまだ高めなので走りにくさも無いと思います。

これくらいなら無問題ですね。

 

ロードスター 四輪アライメント調整

最後は四輪アライメント調整です。

サスキット取り付け時に調整箇所は外してますが若干の左右差ですね。

 

街乗りメインとの事ですので偏摩耗が少ないように調整します。

でも走りやすさもちゃんと考えてね。

 

前後のキャンバーは偏摩耗しにくい角度でセット、でも走りやすいようにね。

前後のトー、キャスター角もキッチリセットさせて頂きました。

 

これで数値は綺麗になりましたね。

 

推奨値よりは気持ち落ちましたがいい感じで乗りやすいと思います。

四輪アライメント調整も決まったのでサクサクっと走れると思います。

 

やっぱりロードスターは気持ちよく走れてナンボですからね!!

今回はありがとうございました。

又、お願いします。

 

参考取り付け工賃:サスキット取り付け 16,000円(税別) 四輪アライメント調整 10,000円(税別)