ブリッツZZ-R車高調の車高調整

車高調整 フロント

車高調整 リア

前回ご来店頂いた日本語上手な外人さんからのご紹介です。
ご来店頂いたお客様もまだ日本に1年半ほどだそうですが結構お上手な日本語でコミュニケーションに困る事は無く作業が進めれました。

ちょっとホッとしていますよ(笑)

今日車が納車されたそうで、その足で岐阜県よりぶっ飛ばしてご来店頂きました。

足回りにはブリッツのZZ-R車高調が入っているお車です。
車高が高いのが気になるそうで低くしてほしいとのご依頼です。

走るのに支障が無い程度で車高は低くしたいそうです。
最初指1本位で調整しましたが希望は更に低く。

ブリッツのZZ-R車高調は調整幅がそれほどありません。

前後全下げ状態まで下げて調整しました。
でもお客様はその状態を見ても高く感じたそうで違う車高調を検討されていました。

車高の高さ フロント

車高の高さ リア

お客様に車高を見せる時はピット内でリフトに乗った状態です。
水平を出すために目線と同じ位の高さまでリフトが上がってますので見上げるような感じですね。

その状態で高いと思っていたそうですが実際はリアは指が入らない位、フロントも指半分位の結構低めの車高です。

試乗から帰ってきた車両を見て「結構低いね、良いね!」
真横から見るのと上から見る感じは違いますからね。

自分はいつもその状態で見ているので気にならないんですよね~。

これで車高調交換する必要は無さそうで良かったです。

86 四輪アライメント作業

86 四輪アライメント

車高が決まったので四輪アライメントを行います。
ですが四輪アライメントのセッティングの会話がうまく伝わりません。

色々説明をさせて頂いて気持ち良く走れるようなセッティングで合致しました。

購入前に四輪アライメントは行っている感じで左右差は余り無い感じでした。
ここから走りに振ったセッティングに変更します。

フロントキャンバーは左右差が少ないので今回はピロアッパー部で走りやすいようにネガキャンバーにしました。

前後トーもフロントはハンドルを切った初期動作を優先し、リアはちゃんとグリップするように修正させて頂きましたよ。

これで走りやすくなったと思います。
減衰も固くしてほしいとのご要望ですのでハードにセットし直しました。

お客様に減衰調整の方法を教えようとしましたが

「お兄さんが良いと思ったこの感じで大丈夫、もう触らないよ!!!」

えええっ~

折角やりやすい減衰調整なのでやり方をレクチャーして触れるように教えましたとさ。

完成

車高はかなり低くなったので運転には気をつけて下さいね。
でも外人さんは運転がうまいので大丈夫ですよね。

今回はありがとうございました。
又、お願いします。

 

参考取り付け工賃:車高調整 6,000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別)