XYZの車高調に交換

XYZ 車高調

サスペンションの仕様変更です。

今はブリッツのZZ-R車高調ですがXYZの車高調に交換しますね。

安かったそうで思わず買っちゃったそうですよ。

 

最初にXYZは結構乗り心地は良いですがブラケットの作りなどのいい加減さがあるのでね。

と最初に説明させて頂きました。

 

早速交換します。

・・・

ブレーキホース 形状違う

言ったその場からブレーキホースの固定方法が違う。。。

インプレッサはネジ止め固定ですがXYZのブラケットはリアみたいにクリップのステーになっちゃってました。

フロントキャンバーボルトの穴もどちらも同じ穴の大きさなのでちょっと気になりますね。

お客様に説明をして取り付けを

サスペンション 車高調交換

サスペンション交換 フロント

サスペンション交換 リア

後は特に問題無く交換は出来ました。

でもリアのブレーキブラケットの位置がかなり悪いですね。

何とか取り付けれたので良かったですが。

精度が悪いんだものね。

 

車高の高さ フロント

車高の高さ リア

車高はフロント現状の高さでセットしました。

リアはご来店時、被っている位の低さですので15mmほど上げて調整して指1本くらいに修正しました。

 

前後バランスも良くなりましたね。

お客様も車高の感じ喜んでおられました。

 

減衰は30段調整です。

少しソフト目が希望ですので20段戻しで調整しておきました。

 

今までのブリッツは延長ダイヤルが付いてましたのでシートを付けたまま調整出来ましたが、今回は一度シートを外さないと調整が出来ないのでちょっと大変ですけどね。

 

インプレッサ 1G締め 1G締め直し作業

インプレッサ 1G締め

各部緩めてあるアームブッシュの締め付けはキッチリ1G締め直ししてあります。

アームの動きに大きく影響しますので大事ですよ。

 

インプレッサの四輪アライメント

インプレッサ 四輪アライメント

 

最後に四輪アライメントを行います。

前のオーナーは結構太っといタイヤを履かせていたそうで前後すごいキャンバー角でした。

それでは内ヘリしますので今回は街乗り仕様のローダウン仕様で修正を。

 

前回は4度位のキャンバーだったと思いますね。

4輪ストラットですのでまずはフロントのキャンバーから。

 

・・・・

やっぱりブラケットの穴が駄目ですな。

キャンバーボルトが効きません。

嫌な予感が的中しちゃいました。

 

仕方なくブラッケットのガタ調整でキャンバーを左右揃えて調整し、後はピロアッパーで微調整しました。

リアは現状左右差はいい感じですのでピロアッパーで微調整しました。

フロントもリアのある程度のキャンバー角で修正を行い偏摩耗しにくいように調整しました。

走りやすさもあると思いますよ。

 

前後トーもキッチリ修正して完成です。

 

四輪アライメント作業中はブレーキを踏んだ状態で作業を行います。

右前のキャリパーとブレーキホースの隙間からオイルが垂れています。

ブレーキブラケットの止め方が気になり据え切りしてホースに無理の無い事は確認しております。

ホースを止めているボルトがちょっと緩んでおりました。

締め込んだら一応漏れは止まりました。

銅パッキンの劣化も考えられますので、気にしてもらい早めの交換をお勧めしました。

 

インプレッサ 完成

ブレーキホースはちょっと怖いので早めの対応をお願いしますね。

乗り心地はちょっと減衰が弱いので緩い感じがありますが、慣れたら減衰を固めて上げるともっとピシッと感が出て走りやすいかも知れませね。

 

今回はありがとうございました。

又、お願いします。

 

 

参考取り付け工賃: 車高調交換 18,000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別)