ガッツリローダウン仕様のハイエースでご来店頂きました。ロアアームの角度補正の為、ロワードブロック取り付けします。

フロントロワードブロック (ロールセンターアダプター)取り付け

前回も同じ物付けたなぁ~って思っていたら、そのお客様からのご紹介でした(照)

 

ローダウンによりロアアームがバンザイ状態になります。

バンザイ状態を補正してくれる商品ですね。

 

早速取り付けていきます

 

元々はロアアームの下にあるボールジョイントを上部に持ってきてロアアームを下げる商品です。

ロアアームが下に下がるのでアームの角度は補正されますが説明書では突っ張るのでトーションバーを緩めてとありますが今回四輪アライメントもご依頼頂いておりますのでブッシュはフリー状態にしてありますのでさほど突っ張りは無いですけどね。

 

ご自身で車高調整はされていますので若干左右差がありますしロールセンター入れましたので車高の変化もありますのでトーションバーで車高を修正させて頂きました。

 

バンザイ状態だっとロアアームはかなり下にオフセットされて角度良くなっていますね。

これでアームも動くようになり乗り心地も改善されますね。

 

元々ギリギリだったバンプラバーはかなりクリアランスが出来ちゃったのでスペーサーで調整した方が良さそうですね。

でも今回持ってきてないそうですので後日お客様自身でお願いしました。

 

説明書にはインチ数の小さいホイールはロアアームとホイールが干渉する事があるのでロアアームを削ってくれと・・・

余りお勧め出来ない加工ですが全切りしても干渉は大丈夫でした。

ホイールのインセットに影響されると思われます。

 

元の車高に合わせて調整し、左右差のあった車高は微調整して修正しております。

かなり車高の低いハイエースですよね。

干渉も無く走れますしブロック効果もあると思いますよ。

 

ハイエースの四輪アライメント

最後には四輪アライメントです。

ロアアームブロック取り付けによりトー角は20mm近くも変化します。

四輪アライメントは必須ですね。

 

現状のキャンバー角は2度以上も寝ていますがこのままでは内ヘリしますね。

以前もタイヤバーストしちゃったそうですので、今回は偏摩耗しにくいように修正します。

 

車高の低さもあるので偏摩耗しにくい程度までキャンバーを起こして修正しました。

キャスター角はローダウンしてそのままって感じにガッツリ寝ていますので適度に起こしてタイヤの位置を適正な所にセットしました。

 

走行距離もありますので起こし過ぎはロアアームブッシュに影響が出ますのでね。

ロールセンターアダプターにより狂ってしまったトーをキッチリ修正して完成です。

 

タイヤの位置も正常な所に持ってきているので試乗では干渉はありませんでした。

バンプまでの距離が大きいので後日スペーサーで調整して下さいね。

 

アームの角度も補正され上下の動きも良くなっているので、乗り心地も改善されていると思います。

通常リアには200kg近い荷物を乗せるそうですので現状とは若干変わるかも知れませんね。

 

でもハイエースは荷物を乗せるように作っていますのできっと大丈夫と思います。

今回はありがとうございました。

また、お願いします。

 

参考取り付け工賃:ブロック取り付け 4,000円(税別) 車高調整 3,000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別)