スポンサーリンク
ZZT231 セリカ 車高調取り付け リアフェンダーツメ折り 四輪アライメント

ご利用ありがとうございます。

今回は持ち込み頂いたBLITZ ZZ-R DAMPERの車高調に交換のご依頼です。

BLITZ ZZ-R DAMPER車高調に交換

毎度ご利用ありがとうございます。

今回は持ち込み頂いたBLITZ ZZ-R DAMPERの車高調に交換のご依頼です。

 

BLITZ ZZ-R DAMPERの車高調は元から調整範囲が少ないですね。

お客様もお調べになっており全下げでのご依頼でした。

 

では、早速交換です。

サスペンション 車高調に交換

前後純正の足回りを外してBLITZ ZZ-R DAMPERの車高調に交換しました。

フロントはマクファーソン・ストラットでした。

スーパーストラット車も同じ型式ですので注意が必要ですね。

 

取り付けの時には全下げした状態でセットしております。

 

リア減衰延長ダイヤル

セリカのリアアッパー部分は内張りの中にあります。

通常減衰調整をする時はBLITZの場合アッパー部に付いてますので内張りを外す必要があります。

 

でも今回は延長ダイヤルがセットされておりました。

別料金になりますが穴あけ加工をして延長ダイヤルをセットしました。

 

内張りの中には鉄板もありかなり無理をする角度でした。

ちょっと回らないかもと思いましたが無事調整可能となりました。

ブリッツさんのダイヤルは素材がかなり硬いので無理な角度ですと回らない事が多いのでね。

 

セリカ 1G締め 1G締め直し

車高は全下げですので左右差のみ微調整。

後は開放してあるアームブッシュの1G締め直しです。

 

長年外された事が無いボルト・ナットばかりです。

心配しておりましたが無事1G締め直しの作業は出来ました。

 

リアフェンダーツメ折り

続いてリアのフェンダーツメ折り作業です。

現状はまったく干渉はありませんが今後ホイールチェンジする予定だそうです。

 

なのでツメ折りを行います。

セリカの爪部分はかなり分厚く硬いです。

しっかり温めて作業を行いました。

 

フェンダー上部はピッチリツメ折り出来ました。

これでクリアランスはかなり出来ましたね。

セリカ ZZT231 車高の高さ

全下げ状態です。

元はダウンサスでしたので車高の変化はさほどありません。

 

でもダウンサス時は抜けもあり乗り心地がかなり悪かったそうです。

全長式になりストロークは確保しやすくなっておりますね。

 

同じ位の車高でも乗り心地に違いがありますね。

セリカ ZZT231 四輪アライメント

最後にアライメント調整です。

前回のお車は確かシルビアでしたね。

 

今回はセリカになり街乗り仕様です。

今回は偏摩耗しにくいようにセットします。

 

リアキャンバーは調整が出来ますがメンバー上部にありちょっとやりにくいです。

フロントはストラット部、ピロアッパーと調整が可能です。

 

前後走りやすいように内ベリが出にくいようにセットさせて頂きました。

前後のトーもしっかり修正。

これで数値は綺麗になりました。

 

前後キャンバー角も決まり、アライメントもしっかりセットされましたので走りやすくなりました。

底付き状態からの車高調ですのでストロークが出来て固くはなりますが底付きは無くなりますね。

 

これで快適に仕上がりました。

現状はリアフェンダーまでのクリアランスがガッツリありますが今後のホイールサイズは気をつけて下さいね。

最悪はキャンバーを寝かせて調整する事も可能です。

 

今回は清須市よりご来店ありがとうございました。

又、何かございましたら宜しくお願い致します。