スポンサーリンク
TRH200V ハイエース ショック、トーションバー、トーションバーボルト交換 四輪アライメント調整 1G締め直し

ご利用ありがとうございます。

今回はハイエースのショック、トーションバー交換です。

玄武チューントーションバー

ご来店ありがとうございます。

今回はハイエースのトーションバー、ショック、トーションバーボルト交換です。

 

まずは玄武のトーションバーです。

純正トーションバーを外して玄武のトーションバーにチェンジしました。

 

玄武ハイパートーションバーボルト

こちらも玄武のハイパートーションバーボルトです。

これは毎回付けるのが大変なんですよね~。

 

トーションバー交換でボルトも外しておりますので玄武製に交換しております。

純正みたいにボルトだけ抜ける構造では無いので車高の調整が難しいのです。

 

一発で決まってくれると良いのですが車によって高さが違いますので毎回悩まされます。

今回は良い感じと思いましたが片側はやっぱり納得が行かなかったので再度外して調整し直しております。

 

クスコTuring Aショックアブソーバー

ショックアブソーバーも交換です。

クスコのショックですね。

 

減衰は14段調整です。

減衰は乗られる方により感じ方が違います。

出荷状態の中間にセットしておりますので乗った感じでソフトやハードに変更されると分かりやすいと思います。

 

同時にトーションバーも交換してますので乗り心地は変わると思いますので。

 

お客様のハイエースは前から後ろまでびっしり補強パーツが入っておりました。

かなり剛性が高いのと思います。

 

リアにはクスコのスタビライザーが取り付けてありますので一緒にご依頼された1G締め直しも行っております。

 

ハイエース 車高の高さ

このハイエースはキャンピング仕様となっております。

リアは車重があるので車高が下がっておりフロントが高い状態でした。

 

リアの車高に合わせてフロントは25mmほどダウンした状態でセットしております。

気持ち前下がりな感じで良いと思います。

 

ハイエース 四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。

フロントはローダウンされましたのでキャスター角が狂います。

2WDなので。

 

キャスター角を適正な位置まで修正を行いました。

キャンバー、トーは多少の狂いですのでこちらも微調整させて頂きました。

 

キャンピング仕様のお車はケツ下がりになる事が多いですね。

トーションバーも強化になりましたのでピシッとした感じになっていると思います。

 

クスコのショックは良く動くと思いますのでフロントはちょっと固めた方が乗りやすいかも知れませんね。

ちょっと走ってから色々セッティングされると良いと思います。

 

フロントはハンドル切れば簡単に調整出来ますからね。

 

今回はありがとうございました。

また、お願いします。

 

参考工賃

パーツ交換、アライメント 30,000円(税別)