お得なコミコミセットプランのご注文を頂きました。

セットプランは結構落ちるダウンサス タナベDF210です。

タナベ DF210 ダウンサスをご注文頂きました

 

タナベDF210のダウンサスをご注文頂きました。

DF210は車高がより落とせるようにセッティングされたスプリングです。

 

見た目の美しさを極限まで追求したドレスアップフォルムDF210。基準ダウン量を50〜60mm※とし、ギリギリまで車高を落とし込んだビジュアル仕様。バネレート10〜15%アップ(ノーマル比)させつつ絶妙なコイリング設計により、従来品に比べ乗り心地アップも実現しています。

引用元 タナベ様

メーカー様のデータですと フロント35~45mm、リア25~35mmのダウン量になっていますね。

走行距離は10万km超えてますので現状の足回りはかなりヘタリがあると思われます。

ダウン量も変化しますよね。

 

早速交換

サスペンション ダウンサス交換

お客様は最初 車高が左右違うのか気になっていたそうです。

最初に高さを測ってますが左右差10mm位ありますね。

 

左右のヘタリ具合ですかね?

フロントスプリング交換時ですが左側はかなり弱いですがショックは大丈夫でした。

ですが車高が低い右側は 完全にスコスコ状態 でした。

 

ショックアブソーバーの抑える力が全くありませんね。

 

リアはショックは外さないので現状の状態は分かりませんが、フロント同様おそらく右側の劣化があるのでしょうね。

 

スプリング交換はサクッと行えましたよ。

 

車高は前後とも30mmのダウンでした。

右も左も同じだけ落ちましたね。

 

でも元からあった左右差はそのままですが・・・。

フロントショックはスコスコなので気になりましたが異音はありませんね。

でもショックアブソーバーの抑える力は感じませんね。

 

走行距離も10万km超えておりますので気になるようなら足回りのリフレシュを検討された方が良いですね。

 

先日お話させて頂いた純正消耗部品も一緒に交換した方が良いですね。

 

ヴィッツ RS 四輪アライメント

最後に四輪アライメントを行いますね。

フロントは車高がガッツリ落ちたので10mm近いトーアウト具合です。

 

これではタイヤがアッという間に無くなりますね。

 

フロントキャンバーに左右差があるのでストラットとナックル部で微調整を行い合わせておきました。

ショックの状態によりますが数値だけなら偏摩耗の心配は無さそうですね。

 

 

ヴィッツRSですのでめちゃ走りますね!

キビキビ走れて気持ち良いですがショックアブソーバーの抑えがちょっと気になりますね。

多少のフラつき感が出ていますので。

 

気になるようでしたら足回りリフレッシュお待ちしております。

 

今回はありがとうございました。

又、お願いします。