持ち込み頂いたプローバの車高調に交換します。

オーリンズベースでスプリングはハイパコの商品になります。

オーリンズ製 プローバ車高調に交換

オーリンズの車高調にスプリングはハイパコ仕様のプローバ車高調(中古)になります。

オーリンズベースですので車高の調整範囲は狭いと思います。

 

中古の商品で説明書が付属してないので分かりませんが。

メーカーページで減衰は20段調整とありますので中間の10段目にセットしました。

 

車高は余り下げたくは無いそうですのでまずはこの状態で取り付けします。

 

サスペンション 車高調へ交換

持ち込み頂いた状態で仮組みして取り付けしました。

前後ともロックはされていたのでそのまま使ってたとは思いますが前後のバランスが悪かったです。

 

アームブッシュはすべて開放してありますのでこの状態で前後のバランスを考えて車高調整。

元の状態からリアは10mmほど落として、フロントは5mmほど上げて調整し直しました。

 

レヴォーグ 1G締め 1G締め直し

前後の車高のバランスが良くなりましたので各部開放してあるアームブッシュの締め付け作業です。

1G状態を作りしっかり作業を行います。

 

スバルはリアアッパーアームがちょっとやりにくいですが、施工数が多いので慣れちゃったね。

サクッと作業をさせて頂きました。

 

車高の高さ

ご来店時のノーマル足回り時はリアがちょっと高い状態でした。

リアは20mmダウン、フロントは15mmダウンで前後のバランスが良い感じでセットしました。

ローダウン量は少なめが希望でしたので丁度良い位と思います。

 

これくらいのローダウンでしたらコンビニの輪止めも大丈夫ですよね。

 

レヴォーグ 四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整を行います。

フロントはオーリンズですのでピロアッパーと純正ボルトでキャンバー調整が可能です。

 

ピロアッパーは左右同じ位置にセットして純正キャンバーボルトで微調整を行いました。

リアのキャンバーに合わせて適度に角度を付けてますので走りやすい感じになっていると思います。

 

前後のトーもキッチリ修正させて頂きました。

 

プローバ車高調はちょっと固めにセッチングされておりますね。

街乗りでは固く感じますが高速などではかなり安定して走れると思います。

 

街乗り快適仕様よりは高速安定仕様なセッティングみたいですね。

オーリンズ車高調ですので前後ピロタイプになります。

 

リアは特に室内ですのでちょっと音が気になるようになるかも知れませんね。

良い足回りですが音が出やすい傾向がありますからね。

 

今回はありがとうございました。

又、お願いします。

 

参考取り付け工賃:車高調取り付け 18,000円(税別) 四輪アライメント調整 10,000円(税別)