今はラルグスの車高調ですがそろそろ・・・ブリッツに交換しますね

ブリッツZZ-Rダンパー 車高調へ交換

ブリッツの車高調 ZZ-Rダンパ-を持ち込み頂いたので交換します。

今はラルグスの車高調ですがリアの車高がかなり下がってきてしまっているような・・・

 

今回の硬さはメーカー水準で調整します。

減衰も中間にセットしています。

 

早速交換を

 

サスペンション 車高調交換

車高調から車高調へ交換なんで交換は楽に行なえますね。

前回付けられているラルグスは当店では無いので当然1G締めはしてないですよネ。

 

リアのアームブッシュは固定力が強くめちゃ大変・・・

ここまで締めるの~って位ガンガンに締まっているのですと、スバル車はね。

 

締めすぎにより固着して外れないクルマもありますが今回は無事全箇所緩める事が出来ましたよ。

 

メーカー推奨値で組み上げましたが・・・

 

1G締めは想定されていないのかなぁ?

リアはめちゃ落ちてしまいました。

メーカー通りの寸法には15mmほど上げて調整し直しました。

 

フロントは案外良い数値でしたね。

 

レガシィの1G締め 1G締め直し

車高がやっと決まったので開放してあるアームブッシュの締め付け作業です。

めっちゃくちゃ硬かったですがアームブッシュはすべて開放出来たので1G状態を作りきっちり締め付け作業です。

 

リアはちとやりにくいですがチマチマ工具を変えてはキッチリ締めましたよ。

これでアームが本来の動きをしてくれますね。

 

何度も調整してメーカーデータ通りに調整してあります。

本当にリアは下がり過ぎ~~~

 

フロントは指2本楽に、リアはギリ2本位です。

フロアー部ではほぼ良い感じに仕上がっています。

 

乗り心地も減衰中間ですがちと固めですが走りやすい硬さに思いますね。

 

レガシィの四輪アライメント

試乗後は四輪アライメントです。

フロントは大きな車高の変化はありませんがキャンバーボルトの影響か10mmほどトー角がズレてしまっていました。

 

最近はサーキット走行も少なくなったそうですが、そういった運転の方は結構キビキビですよね。

フロントキャンバーはちょっと寝かせて走りやすいようにセットしました。

 

前後のトー角もスバル車らしい走りやすいセッティングにしましたよ。

 

最近のブリッツは減衰ダイヤルがカバー上部まで突き出ています。

お客様も最初はカバーの加工はって敬遠されていましたが、今後に支障がありますよね。

カバーをくり抜いて取り付けさせて頂きました。

 

減衰は調整しやすいのですが荷室に飛びて出ているのもどうなんでしょうね?

 

サーキット走行はちとキツイですが街乗りから軽いスポーツ走行は気持ちよく走れる仕様になっていると思います。

 

室内はいつでも戦闘モードですので仕様変更がありましたらいつでもどうぞ!! ^^;

 

今回はありがとうございました。

また、お願いします。

 

参考取り付け工賃:車高調交換 18,000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別)