サーキットメインのアルテッツァです。車高調をKTSに交換しますね。

今はTRDの車高調でフルタップ式では無いタイプですので乗り味も変わりますね。

 

直巻スプリングもMAQSに交換してバネレートアップです。

KTS車高調に交換

持ち込み頂いたKTS車高調に交換です。

直巻スプリングはバネレートを上げてサーキット仕様にします。

 

直巻スプリングMAQSに交換

車高調本体をばらして直巻スプリングをMAQSに交換します。

バネレートを上げますので自由長はちょっと短いのにしてありますね。

 

そのままですと車高が上がっちゃいますからね。

 

TRD車高調を外してKTS&MAQS仕様の車高調へ組み替えました。

バネレートが上がりますし、今まではフルタップ式では無い車高調なので車高はここから合わせていきます。

TRD車高調と同じ車高でセットします。

 

リアはちょっとトラクションが足りないそうですので気持ち車高を落として調整しました。

 

KTSの車高調は上部に減衰ダイヤルが付いてて、その上に被せるダイヤルが付属していますが制度が悪く普通には付きません。

中のバリがありますからね。

お客様に説明をしてキャップは無しにしております。

無くても回せるので大丈夫です。

 

お客様はすぐメーカーに電話したそうですが

「よくあるんですよね~。変わりの商品送りますね」

 

っと代品は出してくれるそうですがよくある不良品・・・

改善しようとは思わないのですね^^;

アルテッツァ 1G締め 1G締め直し

車高が決まった後は各部車高調交換時に緩めてあるアームブッシュの締め付け作業です。

1G状態を作りキッチリ締め付けします。

 

アルテッツァはアーム数が多いですしクルマの挙動が代わるのでキッチリ1G締め直しを行いましたよ。

これでブッシュのストレスフリー状態になりましたね。

アルテッツァ本来の足回りの動きになりますね。

 

車高はフロントTRD時と同じ車高にセットしてリアは5mm下げて調整しております。

減衰はちょっとハード目にセットしてありますがMAQSのスプリングは初期のタッチが軽くその後しっかりした硬さが出るので乗りやすいです。

 

直巻をMAQSに変えると変化が感じられるので皆さん変える気持ちが分かりますね。

 

お客様もスイフトの直巻にしようか悩んだそうですがMAQSで正解と思いますよ。

スイフトも良いスプリングですけどね!

 

アルテッツァ 四輪アライメント

最後に四輪アライメントを行いますね。

今回で2回目の四輪アライメントになります。

 

サーキット走行メインですのでタイヤもキッチリ走っている減り方をしております。

 

前後とも気持ちショルダーを使ってますのでキャンバー角は前回よりも付けてセットします。

フロントキャンバー調整カムは目一杯でもそこまでは付きません。

前回よりも気持ちネガにして調整しましたよ。

 

リアはフロントのキャンバー角を参考に前回よりもちょっと多めに1度プラスしてセットしました。

前後のトー角は前回と同じ様にセットしております。

フロントは走りやすかったそうですから変更は無しにしてます。

 

これで更にサーキット仕様になりましたね。

今後は車高の微調整やアライメントのセッティングは色々変えていくと楽しいですね。

 

車高はさほど変化はありませんが乗った感じは全然違うと思いますよ。

これでサーキットも楽しく走れると思いますよ!

 

でもロアアームNo.2のブッシュがかなり亀裂が入ってきておりますので交換した方が良いですね。

走りも更に変わると思います。

 

ギアボックスのブッシュもちょっと怪しいので交換を検討するようにお願いしました。

今回はありがとうございました。

また、お願いします。

 

そして~

大好物のアサヒスーパードライの差し入れを頂いちゃいました!

「昼飯も食べずに頑張ってくれてありがとう!」

っと大好物のスーパードライを頂いちゃいました!!!

 

仕事なんですからお客様優先で作業をさせて頂きますよ!

後でちゃんとご飯食べますから大丈夫ですよ。

 

でもそのお気持ちありがうございます。

今日も仕事ガンバってギンギンに冷やしたスーパードライ たらふく飲ませて頂きますね。

本当にありがとうございます。

ご馳走様です (^^)v

 

参考取り付け工賃:車高調交換 18,000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別)