走行距離が10万kmを超えているのでショックアブソーバーのリフレッシュを行います。

程度の良さそうな純正ビルシュタインを持ち込み頂きましたので交換します。

 

スプリングは現状の物をそのまま使用します。

 

ビルシュタイン ショックアブソーバーに交換

程度の良さそうなビルシュタインショックアブソーバーです。

スプリングは現状のコラゾンのバネをそのまま使用します。

 

サスペンション ショックアブソーバー交換

結構使い込んであるスプリングです。

バネが密着する部分は塗装が剥げてしまいサビも結構出ております。

 

折れはしないと思いますがね。

スプリングもヘタる部品ではあるので今後は検討された方が良いかも知れませんね。

 

レガシィ 1G締め 1G締め直し

 

前後ビルシュタインのショックに交換した後は各部開放してあげたブッシュの締め付け作業です。

1G状態を作りキッチリ締め付けします。

 

乗り心地やブッシュの延命にもなりますのでしっかり1G締め直し作業を行いましたよ。

スプリングはそのまま使用してますので車高の変化はありませんが、締め付け作業はしっかり行いましたよ。

 

1G締め効果ですかね?

ちょっと車高が下がったような感じに見えます。

 

お客様も車高が下がった?

と言っておられたのでやっぱり下がったのでしょうね。

 

レガシィの四輪アライメント

最後に四輪アライメントを行います。

フロントはストラットのキャンバーボルトを外してますので数値の狂いがあるのは仕方ありませんがリアは何故かかなりトーイン状態です。

 

車高は余り変わってないと思うんですがね。

フロントキャンバーは純正ボルトで適度な角度にセットして乗りやすい感じに仕上げました。

 

前後のトーもキッチリ修正して完成です。

これで綺麗になりましたね。

 

四輪アライメント後は別物になりましたね。

さっきまでギュギュ言って走りにくかったですが、サクサク、ビユッーって感じで快適に走れます。

 

ショックもしっかりしたので更に乗りやすくなったと思います。

これで快適になると良いですね。

 

今回はありがとうございました。

また、お願いします。

 

参考取り付け工賃:ショック交換 16,000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別)