スポンサーリンク
BR9 レガシィアウトバック ロアアームブッシュ ボールジョイント交換 四輪アライメント

ご利用ありがとうございます。

今回はレガシィ定番のロアアームブッシュの打ち替え作業になります。

フロントロアアームブッシュ No.1 No.2 打ち替え ボールジョイント交換

ご来店ありがとうございます。

今回はレガシィ定番のロアアームブッシュ交換です。

 

走行距離は13万kmを超えております。

現状のNo,2のブッシュはブチブチに切れかかっておりますね。

 

では、早速交換です。

 

プレス機でブッシュ打ち替え

車両からロアアームを外してプレス機で古いブッシュを打ち抜き、新品ブッシュに入れ替えです。

ロアアームは黒かったので鉄かと思いましたがアルミでシャシブラックが吹いてあるだけでした。

 

アルミですのでNo.1ブッシュも問題無くサクッと交換出来ました。

ボールジョイント交換

ロアアームを外してあるので同時にボールジョイントも交換。

外したボールジョイントのパンツはパックリ穴が空いておりました。

 

時期車検ですので交換して良かったです。

外した古い商品です。

今までお疲れ様でした。

 

ボールジョイントは新品ですのでナット、割りピンも当然新品交換しております。

 

交換後は車両にロアアームを戻します。

締め付けはある程度まで行い後はしっかり1G締め。

 

レガシィ ロアアームの1G締め直し

ブッシュは新品に交換しております。

ジャッキアップの0G状態で締め付けしてしまうと、せっかくのブッシュがヨジレてしまいます。

 

なのでキッチリ1G状態で1G締め直しをしておきました。

 

レガシィ BR9 四輪アライメント

最後にアライメント調整です。

足廻りはBILSTEINの車高調になっております。

 

取り付けしたままの感じでフロントはかなりポジキャンバー、トーも前後すごい数値になっております。

試乗でも感じた違和感はトー角のせいですね。

 

高速走行が多いそうです。

足廻りの硬さもありますのでフロントはキャンバーはリアキャンバーを参考に走りやすいうようにセット。

前後のトーもキッチリ修正。

 

これで数値はキレイになりました。

 

調整後の試乗

調整後の試乗です。

先程までのフロントトーはかなりコジッている状態でした。

 

トー角が良くなり安定が良くなりました。

リアは逆にかなりのトーアウトでした。

 

こちらはしっかりタイヤが食いつくようになりグリップ力がアップですね。

これで高速は快適に走行出来ると思います。

 

でもまずは車検ですね。

今回はありがとうございました。

また、お願いします。