スポンサーリンク
YV37 スカイライン BLITZ ZZ-R DAMPER DSC Plus 取付 四輪アライメント

ご利用ありがとうございます。

今回は持ち込み頂いたBLITZ ZZ-R DAMPER DSC Plusの取付ご依頼です。

室内から減衰調整が出来るバージョンです。

BLITZ ZZ-R DAMPER DSC Plus

ご来店ありがとうございます。

今回は持ち込み頂いたブリッツの車高調 ZZ-Rダンパーの取付です。

 

室内から減衰調整が出来るコントローラー付きのDSC Plusになります。

DSC付きは結構時間が掛かるのですよね。

 

では、早速取付です。

 

サスペンション 車高調に交換

まずは足回りを外してブリッツの車高調に交換です。

V37スカイラインはリアのアッパーネジがシート裏にあります。

 

しかもその前には鉄板があり鉄板を外すためにはシートから内張りから全部バラバラにしないと出来ません。

これで地味に時間が掛かるのですよね。

 

しかもスカイラインは大抵内装が白色なんですよね。

毎回手を洗って作業しないとすぐ汚れてしまい大変なお車です・・・

 

時間は掛かりますが何とか無事交換が出来ました。

車高調のトップ部分にはDSCモーターをセットしております。

 

リアは問題ありませんがフロントはかなり狭い所に付くので配線の取り回しがキツイですね。

 

DSC Plus コントローラー

DSCのコントローラーは見やすさ、操作性を考えてこの位置にセットしました。

アンダーパネルですと下側を向いてしまい適してませんでした。

 

灰皿の中もちょっとキビシそうなので。

見やすく良い位置と思います。

 

 

 

車高の高さ

ご来店時の車高です。

すでにRS-Rのダウンサスが入っている状態です。

 

これから更に車高を下げます。

フロントは指2本位でしたかね。

でもかなり リアが高く見えてしまいます。

 

お客様も出来るだけ平行な感じがご希望でした。

何度か調整を繰り返してフロント20mm、リア30mmのローダウンにしました。

これでフロアー部ではほぼ平行。

 

通常走行には出来るだけ支障が無いようにとのご要望。

でもダウンサスよりは車高を下げたい・・・

 

でこの仕上がりとなりました。

フロントはハンドルを切って走行しますので下げ過ぎは干渉が出てしまいます。

フロントは指がギリ1本、リアは入らないですけどね。

 

お客様も希望通りと仕上がりを喜んでおられました。

良かったです。

 

スカイライン V37の1G締め 1G締め直し

車高調整を繰り返してやっと希望の車高になりました。

次は各部開放してあるアームブッシュの1G締め付けです。

 

V37はアーム形状が大きく変わりましたね。

アーム数も多いですが動きに大きく影響しますのでキッチリと。

 

ブリッツさんのセッティングですので仕方ありませんが、リアのストロークが少ないように思いますね。

もう少しストロークを出した方が良いのかも知れませんが。

 

今回はこのままで行いましたが。

 

スカイライン YV37 四輪アライメント

最後にアライメント調整です。

車高は本当に低くなりましたね。

 

リアのキャンバーは出来るだけ起こして左右を合わせてセット。

これでも内減りは出やすいと思いますが。

 

前後の狂ったトーもキッチリ修正。

これで数値はキレイになりました。

 

 

調整後の試乗

 

調整後の試乗です。

最初の試乗はDSCコントローラーを付ける前でした。

モーターはセットしてますので減衰は一番ハードな状態。

 

なのでリアは棒が入っているかのような感触でした。

最後の試乗はDSCコントローラーをセットしております。

 

減衰を緩めてみると足が動くようになりました。

でもやはり乗った感じストロークは少なく感じます。

ある程度の位置でバンプを付かせてそれも踏まえてセッティングを考えているメーカーさんもございます。

 

まずはメーカーセッティグでの仕上がりです。

車高はかなり低くなりましたので気を付けて運転して下さいね。

 

今回はご来店ありがとうございました。

又、宜しくお願い致します。