スポンサーリンク
マークX ZIO ダウンサス交換と四輪アライメント

エスペリアのダウンサスに交換します

マークX ZIOにエスペリアのダウンサスを取り付けしますね。

バンプラバーも付属されてますので同時交換します。

 

純正バンプラバーよりも素材が若干硬いのでバンプタッチするとゴツゴツした感じが出てしまうかも知れませね。

 

早速交換します。

 

サスペンション ダウンサス交換

走行距離は5万kmちょっととまだ少ないですがダストブーツはブツブツに切れてしまってましたね。

ショックアブソーバーも・・・

 

純正スプリングを外したとたんす~っと下がっていきます。

そして戻って来ない・・・

お客様に現状のショックの状態を見て頂きダウンサスを組み込みます。

 

まだスコスコって感じまではいってないので大丈夫と思いますが。

 

リアはスプリングとショックが別体のタイプですのでスプリングのみの交換です。

純正サスを外してサクッと交換しました。

 

マークX ZIO 1G締め 1G締め直し

ダウンサスに前後交換した後はキッチリ1G締め行いますよ。

ダウンサス交換時にアームブッシュはすべて開放してありますからね。

 

リアはアンダーカバーがあるのでちょっと手間ですが手を抜かずしっかり行いましたよ。

乗り心地に大きく影響しますしブッシュの延命の為にもとても重要な作業ですから!

 

車高はいい感じに落ちましたね。

フロント30mm、リア40mmほどのダウン量です。

結構落ちてますよね。

 

ショックアブソーバーが心配でしたが今の所異音も無く抑えは弱いですが大丈夫そうです。

バンプタッチ感も無いので良いと思いますね。

 

マークX ZIO 四輪アライメント

試乗後は四輪アライメントです。

お客様はこの状態でショックをどうしようか悩まれておりました。

 

でも交換するまでに偏摩耗をしてしまいますので四輪アライメントはお勧めして作業を行います。

車高ダウンによりフロントトーは10mmほどトーアウト状態でした。

このままですと折角のタイヤが内側ズルズル状態になってしまいます。

 

リアも車高の変化でかなりトーインになってますのでザクザクにタイヤが削れてしまいますね。

 

前後のトー角をキッチリローダウン仕様で修正しました。

フロントのキャンバー角の左右差はナックル部で微調整を行い完成です。

 

調整後はとても走りやすくなっていると思います。

ショックも今すぐ交換しなくても行けそうですが

 

お支払い時に四輪アライメントの説明をしていると

 

「やっぱりショック交換します。いい状態で乗りたいので~!」

 

っておっしゃてもう予約頂いちゃいました。

ショックアブソーバーはKYBをお勧めして通販で購入してもらう事に。

劣化している純正部品は当店で揃えるようになりましたので後日取り寄せしておきます。

 

2度手間になっちゃいますが今後の事も考えると交換しておいた方がベターですね。

では、純正部品はご用意しますので次回ご来店お待ちしております。

 

今回はありがとうございました。

又、お願いします。

 

参考取り付け工賃:ダウンサス交換 16,000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別)