走行距離が10万kmオーバーです。

程度の良い純正サスペンションが手に入ったそうで交換のご依頼です。

純正サスペンション 交換

走行距離は5,000kmほどの中古の純正サスペンションです。

現状のクルマは10万kmを超えてしまっておりますので交換が必要な状態ですね。

 

足回りのリフレッシュを行います。

サスペンション交換

長い間、お疲れ様でした。

お役御免の純正サスペンションを外して持ち込み頂いた純正足回りに交換しましたよ。

 

組み込まれた状態ですので交換もサクッと行えますね。

 

CT200h 1G締め 1G締め直し

純正足回りから純正足回り交換でもちゃんと1G締め付けは行いますよ。

長年の車高の変化もありますのでちゃんとした位置でアームブッシュをセットします。

 

CT200はピロもありボールジョイントもあります。

でもアームブッシュもありますのでキッチリ1G締め直しさせて頂きました。

 

車高の高さ

純正から純正ですので車高の変化は殆どありません。

全体的に5mmアップした程度です。

 

ショックがしっかりした分ですね。

スプリングを抑える力が出て乗りやすくなったと思います。

 

CT200h 四輪アライメント

最後に四輪アライメントを行います。

 

良く聞かれる質問ですが

 

「純正から純正への交換でも四輪アライメントって必要ですか?」

 

本当に良く聞かれる質問です。

ストラット車はナックルとの連結部分を外しますし経年劣化で車高の変化もあります。

純正足回りでも四輪アライメントは行った方が良いですとしかお答えは出来ませんが・・・。

 

まずは早速測定しましたが

基準値から外れている箇所が多々あります。

 

前後トーもかなりトーアウトな状態になっておりました。

基準値内ならグリーンで表示され基準値外はレッドになります。

 

レッドの状態では偏摩耗の原因となります。

キッチリとフロントキャンバーの左右差、前後のトー角を修正させて頂きました。

 

調整後は当然 オールグリーン ですよ!!

 

サスペンションもリフレッシュ出来ましたし四輪アライメントもバッチリです。

これで快適にカーライフが送れますね。

 

今回はありがとうございました。

又、お願いします。

 

参考取り付け工賃:サスペンション交換 18,000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別) 純正処分 1,000円