ビルシュタイン B16 車高調を持ち込み頂きましたので交換します。前もって純正部品は取り寄せしてあります。

ビルシュタイン B16 車高調へ交換

 

持ち込み頂いたビルシュタインのB16 車高調へ交換します。

走行距離は時期9万kmですが最近フワフワした乗り心地になってきたそうです。

 

ビルシュタインですので調整範囲は少ないです。

推奨位置から上下へ10mmしかありませんからね。

 

なので推奨値で組み付けします。

減衰は10段階調整ですので中間にセットしておきました。

 

ビルシュタイン車高調に交換する時の必要な純正部品はすべて新品を前もって取り寄せしてあります。

こちらも消耗部品ですので交換時は新品がベストですね。

 

早速交換していきます。

 

サスペンション 車高調 交換

交換自体は慣れているのでサクサク行えますが車高調を組み上げるのが時間が掛かる・・・

フロント組み付け時はスプリングのプリロードを外してカラー、アッパーなどがキッチリ収まるようにしてから締め付け。

 

リアはアッパー上部に減衰ダイヤルがあるので外してから組み上げ。

減衰ダイヤルの説明が難しく何度も何度も読み返して組み付けしました。

 

足回り交換するより時間が掛かっちゃってますけどね!

 

インプレッサ 1G締め 1G締め直し

無事ビルシュタインの車高調へ交換が出来ましたので各部開放してあるアームブッシュの締め付け作業です。

しっかり1G状態を作り開放してある各部アームブッシュを締めます。

 

86と似た形状のアームですがちょっとクリアランスが違うのですね。

なので車高の高さもありやりやすいですよ。

 

キッチリ1G締め直しを行いましたよ。

 

推奨値で組み上げましたがフロントはほぼご来店頂いた車高と同じです。

でもリアはガッツリ20mm弱落ちてしまいました。

 

ビルシュタインでも1G締めは想定されていないのか?

インプレッサは違うメーカーでもちょっと後ろ下がりの傾向があります。

 

フロアー部ではリアが5mmほど低い状態でしたのでお客様と相談をしてリアのみ5mm上げて調整してあります。

フロアー部ではほぼ平行となりましたがタイヤとフェンダーの隙間はややフロントが大きめですね。

 

インプレッサの四輪アライメント

最後に四輪アライメントを行います。

車高はほぼ純正と変わりは無いので基準値に近づけてセットします。

 

フロントキャンバー、前後トーをキッチリ修正を行いました。

リアのキャンバーは触れませんが左右差無くキレイな状態でしたよ。

 

数値もすごく綺麗になりました。

 

四輪アライメント調整後はキッチリピシッといい感じに仕上がりました。

ビルシュタインらしい適度な硬さも出て乗りやすいです。

 

交換前のフワフワした感じは無くなり足回りはキッチリリフレッシュされましたね。

これで快適にドライブが出来ますね。

 

問い合わせ時にロアアームブッシュも検討されていましたがこのお車はピロですので大丈夫ですね。

 

今回はありがとうございました。

また、お願いします。

 

参考工賃:車高調交換 18,000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別) 純正部品 別途