スポンサーリンク
VAB WRX STi HKS HyperMAX 4GT 20spec 車高調取り付け 四輪アライメント

ご利用ありがとうございます。

今回は持ち込み頂いたHKSの車高調に交換のご依頼です。

HKS HyperMAX 4 GT 20spec

ご来店ありがとうございます。

今回は持ち込み頂いたHKSの車高調 ハイパーマックス4GT 20Specを取り付け致します。

 

遠い所 長野県 よりご来店ありがとうございます。

車高の高さ、減衰力はメーカー推奨で。

 

HKSさんだけは推奨値でもしっかりデータ取りされており安心して取り付けが行えます。

では、早速交換です。

 

サスペンション 車高調交換

前後純正の足回りを外してHKSの車高調に交換を行いました。

リアロアアームはすでにエーディーファクトリー製のキャンバー調整可能なアームに交換されておりました。

 

スタビリンクもクスコの調整式が入っております。

純正から角度が変わりますので微調整しました。

 

フロントのスタビリンクはHKS付属のショートタイプに。

これがほんと短くて取り付けが大変なのですよね。

 

車高の高さ

メーカー推奨値での取り付け車高です。

さすがHKSさんですね。

もうバッチリです。

 

再調整の必要はまったくありませんでした。

フロント25mm、リア15mmのローダウンとなりました。

でもメーカーデータはリア17mmとなっておりますが・・・※ちょっと細かいですね(笑)

 

WRX STi 1G締め 1G締め直し

車高には全く問題が無いのでそのまま作業続行。

各部アームブッシュはすべて開放しております。

 

それでも数値がしっかりしてるって事はHKSさんもちゃんと行っているって事ですね。

他メーカーではこうは行きませんが・・・(笑)

 

前後キッチリアームブッシュを1G締め直しさせて頂きました。

 

VAB WRX STi 四輪アライメント

最後にアライメント調整です。

フロントアッパーは固定式ですが最初から位置がオフセットされております。

HKS的には完全走りに振った仕様となっております。

 

後はフロントナックル部の純正キャンバーボルトで修正を行います。

説明書のテストデータは本当にかなり走りに振ったセッティングで行っております。

 

走りやすい数値ではありますが通常の街乗り走行もあるとちょっと無理がありますね。

キャンバーボルトは起こした状態でセット。

それでも結構ネガですが。

 

リアはエーディーファクトリーのキャンバー調整が可能なアームです。

車高調交換時に適当な位置に付けましたが当然ですがトー角がとんでも無い数値に。

 

フロントのキャンバー角に合わせてリアの角度はセットさせて頂きました。

前後のトーもキッチリ修正。

 

これで走りやすい数値になりました。

 

調整後の試乗

最後に試乗を行いました。

さっきはリアの数値がえげつない数値でしたので試乗もヒヤヒヤでした。

 

ですが調整後は車の安定感がバッチリ決まっております。

角度もある程度付いておりますので旋回性も良いです。

 

峠道を結構走られるそうですのでとても良い感じにワインディング走行楽しめちゃいますね。

これで良い感じに仕上がりました。

 

帰り道はHKSの車高調の良さ、プロスパーのセッティングで快適にお帰りになれると思います。

でも楽しくても飛ばし過ぎはご注意を(笑)

 

今回は遠い所 長野県 よりご来店ありがとうございました。

また、何かございましたら宜しくお願い致します。

 

参考工賃 車高調交換 22,000円(税込) 四輪アライメント 11,000円(税込)

 

そして~

 

コーヒーの差し入れを頂きました!

コーヒーの差し入れありがとうございます。

疲れた体には微糖が染み渡ります~

 

梅雨に入りジメジメしておりますが休憩時にマタ~リ コーヒーブレイクさせて頂きますね。

本当にありがとうございます。

ご馳走様です \(^o^)/